海外FX

海外FXのハイレバで稼げない 10万円から6億円に増やした手法を基に解説

悩んでいる人
「実際にハイレバで稼いだ人の手法を知りたい。というか、、、本当にハイレバで稼げるのだろうか?これから海外FXを利用したいので、特徴を知りたいです。」

 

海外FX業者の口座を10社以上開設して、今も実際に使っている経験を基に、こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、現在、海外FX業者の口座を利用して取引をしています。

私自身は、海外FXのハイレバをメリットと感じて利用していますが、使い方を間違うと稼ぐどころか、大きな損出を出す可能性もあります。

この記事では、ハイレバ取引で大きな話題になった方の手法を紹介しながら、なぜハイレバで稼げないのかを解説します。

 

海外FXのハイレバで稼げない 10万円から6億円に増やした手法を基に解説

ハイレバで稼ぐことはできません。

なぜなら、ギャンブルと同じで一時的に稼いでも、最終的には破滅するからです。

2010年ごろに、FXトレーダーのGFF(グフフ)氏が3か月ほどで、手元の資金10万円から最大6億円に増やしました。

 

ニコニコ生放送の配信者でもあったGFF(グフフ)氏は、その様子を動画で配信して大きな話題になりました。

これから、ハイレバでなぜ稼げないのか、その手法を検証しながら解説します。

 

10万円から6億円まで増やした軌跡

・手法が確立できていないため400万円の損出(2008年~2010年5月くらいまで)

GFF氏は、トヨタの期間工などで働きながらFXトレードを開始。

しかし、トレード手法が確立していないため、資金を少しずつ減らして、400万円の損出を出しました。

・トレード手法確立 10万円→1,000万円→4,000万円→2億4,0000万円(2010年5月下旬~6月26日)

この頃からトレード手法が確立しだしてから負けなくなる。

ニコ生の配信をスタート。

・生放送で資産が2億4,000万円に達する(6月26日)

・6日で1.5倍増 資産3億2,800万円(7月2日)

ロットが大きくなっても怖いものなし。

何をやってもうまくいく状態。

・資産4億5,300万円 含み益含めて6億円(7月9日)

10万円でスタートして、3か月弱で、含み益含めて6億円達成。

 

 

10万円から6億円に増やした手法とは

GFF氏が短期間で資産を大きく増やした手法は、「RSI手法」と「窓埋め手法」です。

 

この2つの手法は、初心者でも簡単な手法で、とてもシンプルです。

RSI手法とは(外部リンク)

RSI手法とは簡単に言うと、買う人が多くなって買われすぎの状態になったら、売る。

売られすぎの状態になったら、買うというものです。

 

FXの値動きは、ずっと一定方向で動き続けることはありません。

上がっていても、必ずどこかで下がる時が来ます。

GFF氏は、RSIにトレンドラインを引き、トレンドラインをブレイクしたらエントリーしていました。

・エントリーポイント

RSIにトレンドラインを引き、トレンドラインをブレイクしたら

・ターゲットポイント

RSIが80以上、もしくは20以下になった時点

・ロスカットポイント

RSIがトレンドラインを再び割り込んだ辞典

・使用していたローソク足

10分足

 

窓埋め手法とは、チャートに窓(隙間)が開いたら、それを埋めるために値を戻す動きを狙った手法です。

 

窓開け

 

この画像のように、チャートに窓(隙間)が開く時があります。

窓が開くのは、その時間帯に何か大きなニュースが出たりして、需給のバランスが崩れて大きく値が動いた時に出る現象です。

 

FXは、その開いた窓を埋める習性があり、それを狙った手法です。

 

GFF氏は、この2つの手法に加えて、2人の為替アナリストの予測を参考にしていました。

具体的には下記の2人。

  • 吉田恒氏
  • 川合美智子氏

 

吉田恒氏

吉田恒の為替デイリー

Market Editors(マーケットエディターズ)の日本代表に就任しながら、国際金融アナリストでも活躍。

2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など、マーケットの大相場予測をことごとく的中されたことでも話題になった方です。

 

川合美智子氏

1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。

川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法より引用

 

RSI手法と窓埋め手法と、2人のプロのアナリストを参考にして、GFF氏は10万円から6億円に資産を増やしました。

ここまで読むと、ハイレバだと簡単に大金を稼げると思いますが、この話には続きがあります。

 

最大6億円から30万円 大きく資産を減らした理由

・3億円ロスカット(7月14日)

生放送中に3億円ロスカット

 

 

・1億円まで減らす(9月上旬ごろ)

・最終的には30万円まで減らす

 

※2010年8月から国内FXのレバレッジ規制が始まりました。

3億円ロスカットの時点では、国内FXでもハイレバ取引ができました。

 

このように最終的には、30万円まで減らしてGFF氏のトレードを終了しました。

この減らした原因としてGFF氏自身が「損切をしなかった」、「ハイレバレッジ」と後のインタビューで答えています。

10万円を6億円にした為替トレーダーGFF氏インタビュー

 

損切をしなかった

インタビュー記事の中で、これから為替を始めようとする方たちへのメッセージとして、

「損切注文は入れるようにして資金管理をしっかりしてほしいですね」

と答えています。

 

このことから、GFF氏は、損切りをしなかったと思われます。

これは、レバレッジ関係なく必要なことですね。

 

ハイレバレッジ

インタビュー記事の中で

「放送をやっていてもやってなかっても無茶なトレードをやっていた」

と答えています。

 

ハイレバ=悪というわけではありませんが、冷静な判断ができなくなるのは間違いないですね。

ハイレバは、ルールに従ったトレードを100回やってうまくいっても、1回の無茶なトレードですべてを失う可能性があります。

勝ち続けるのが難しい世界なのに、さらにハイレバで冷静さを失うと稼ぐのは難しいのです。

 

海外FXで稼ぐためには

それでは、海外FXで稼ぐためには、どうしたらいいのか?

それは、ハイレバレッジを上手に活用することです。

なぜなら、ハイレバレッジは、資金効率がよく、ロスカットされにくいからです。

 

実行レバレッジを下げる

ここまでは、ハイレバでは稼げない理由をお話してきましたが、うまく活用すれば、少額からでも稼げます。

ハイレバで稼げない、危険な理由は、レバレッジを目一杯利かせるからです。

 

レバレッジは、最大レバレッジと実行レバレッジがあります。

最大レバレッジとは、各FX会社が制限しているもので、国内FXは最大25倍までに制限しています。

 

実行レバレッジとは、トレーダーが実際に運用しているもので、運用額によって、レバレッジは変動します。

 

実行レバレッジの計算方法は

ポジション評価額(取引数量×各通貨の現在レート)÷有効証拠金額(資産合計+評価損益金-出金依頼金額)

 

ハイレバレッジだからといって、全ての取引がハイレバではありません。

取引量を下げれば、実行レバレッジは、10倍とか、3倍とか、いくらでも低くできます。

 

実行レバレッジを下げて、証拠金維持率を上げると、強制ロスカットラインを広く取れます。

(国内FX25倍、海外FX1,000倍で計算すると、単純に40倍広く取ることができます)

その広くなった強制ロスカットラインの間で、損切りポイントを決めて戦略を立てるのです。

強制ロスカットラインが広がった分、戦略も立てやすいです。

 

海外FXの特徴を生かす

ボーナス

海外FXは、口座開設時や入金をすると、ボーナスがもらえます。

ボーナスは証拠金として取引に利用することができます。

口座開設ボーナスは、口座開設するだけで3,000円~1万円もらえて、そのボーナスだけでも取引を始めることができるので、ノーリスクです。

関連記事:海外FXの口座開設ボーナスとは 未入金でノーリスクで取引ができる

 

入金ボーナスは、入金額に対して一定の割合でボーナスがもらえます。

100%入金ボーナスであれば、10万円を入金すると10万円のボーナスがもらえて、合計20万円の証拠金として取引に利用できます。

関連記事:海外FXの入金ボーナスとは 自己資金を2,3倍にして少額からでも稼げる

 

ゼロカットシステム

海外FXは借金を帳消しにしてくれるゼロカットシステムがあります。

借金になる可能性がないので、思い切ったトレードをすることができます。

関連記事:海外FX業者の借金帳消しゼロカットシステムの仕組みを徹底解説!

 

海外FXは少額からでも大きく資産を増やしやすい特徴がありますが、逆の面もあるので注意しましょう。

関連記事:FX海外口座のデメリットは1つだけ【よくある勘違いを解説】

 

まとめ:ハイレバで大きく稼げる可能性はあるが、使い方次第

この記事の中で紹介したGFF氏は、10万円から6億円まで増やすことがでたのはハイレバだからです。

しかし、大きく資産を減らしたのも、ハイレバの影響です。

使い方を間違えると資産を減らすので、まずは、実行レバレッジを低くして、少額から始めてみるのがいいです。

 

オススメは、口座開設ボーナスをもらって、そのボーナスだけで取引を始めることです。

口座開設ボーナスがある海外FX業者

 

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

 

海外FX会社ボーナス比較
【最新版】おすすめの海外FX比較ランキング【利用価値があるボーナス】

続きを見る

-海外FX
-,

Copyright© 海外FXのススメ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.