海外FX

海外FXの方が国内FXより税金が高い?は間違い 海外FXの方が得をする理由を解説

悩んでいる人
「今は国内FXを利用中で、海外FXの利用を考えているけど、海外FXは税金が高いと聞いた。海外FXは国内FXより税金は高いのか知りたい。国内FXと海外FXの両方を使うようになった場合の税金の仕組みも知りたい。」

 

実際に口座を開設して使ってみた体験を基に、こういった疑問にお答えします。

 

この記事を書いている私は、国内FX業者から海外FX業者に移動して、現在も海外FX業者の口座で取引をしています。

税金のことは、難しくて分かりづらいですが、一つ一つ分解して理解すれば、誰も理解できますし、「海外FXの税金が高いことはない」理由も分かります。

本記事のメインの内容は、「海外FXの方が国内FXよりも税金が高いのかを検証」です。

 

あわせて読みたい記事:FX海外口座のデメリットは1つだけ【よくある勘違いを解説】

 

海外FXの方が国内FXより税金が高い?は間違い

海外FXの税金が高いのは、ほんの一部の人だけです。

なぜなら、海外FXの税率は、「総合課税」が適用されて、利益額が大きい人には税率が高いですが、利益額が低い人には税率は低いからです。

具体的に解説していきます。

 

利益額330万円以下であれば、国内FXの税率と同じか低くなる

FXの利益にかかる税金は以下の3つです。(国内、海外共通)

  • 所得税
  • 住民税
  • 復興特別所得税

 

この3つの税金は利益額に対してかかり、国内、海外によって税率が変わります。

国内FXは「申告分離課税」で、税率が固定しています。

  • 所得税・・・5%
  • 住民税・・・15%
  • 復興特別所得税・・・0.315%

 

国内FXの税率=利益×20.315%

これを覚えておけば大丈夫です。

 

海外FXは「総合課税」で、所得税の税率が利益によって変動します。

  • 所得税・・・変動制
  • 住民税・・・10%(国内より5%高い)
  • 復興特別所得税・・・0.315%

 

所得税の税率

利益額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超~330万円以下 10% 97,500円
330万円超~695万円以下 20% 427,500円
695万円超~900万円以下 23% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

 

国税庁のHPを参考

 

この表をご覧いただくとわかるように、利益額が4,000万円超だと、所得税45%になります。

住民税、復興特別所得税を合わせると、利益額×55.315%の税率となります。

このことが、「海外FXは税金が高い」と言われる理由です。

 

しかし、利益額195万円超~330万円以下であれば、

所得税10%+住民税10%+復興特別所得税0.315%=20.315%

となって、国内FXの税率と同じになります。

さらに、利益額が195万円以下であれば、

所得税5%+住民税10%+復興特別所得税0.315%=15.315%

となって、国内FXの税率より低くなります。

 

実際はもっと安くなる

もう少し深堀していきますね。

先ほどの所得税の表をご覧いただくと、「控除額」というのがあります。

これは、利益額×所得税率で税額を出した後に、控除(差し引かれる)される額です。

例えば、海外FXで300万円の利益を出した場合の所得税の計算方法は、

利益額(300万円)×税率(20%)-控除額(97,500円)=所得税額(202,500円)
となります。

 

この控除額を考慮すると、国内FXと同じ税率でも、海外FXの方が税金額は安くなります。

300万円の利益を出した場合

国内FXの場合の税率は、一律20.315%

税額は、300万円×20.315%=609,450円

 

海外FXの場合は、

所得税は先ほど計算した202,500円

住民税+復興特別所得税は、10.315%

300万円×10.315%=309,450円

所得税と合わせて、

税額は、202,500円+309,450円=511,950円

 

利益額300万円の場合の税金は、海外FXの方が97,500円安いことになります。

 

利益額200万円~300万円なら、海外FXの方が10万円近くも安い

200万円の利益を出した場合

国内FXの場合の税率は、一律20.315%

税額は、200万円×20.315%=406,300円

 

海外FXの場合は、

所得税は、200万円×10%-97,500円=102,500円

住民税+復興特別所得税は、10.315%

200万円×10.315%=206,300円

税額は、102,500円+206,300円=308,800円

 

国内FXの税額406,300円-海外FXの税額308,800円=97,500円

 

利益額200万円の場合の税金は、海外FXの方が97,500円安いことになります。
先述した利益額300万円の場合も、97,500円安いので、利益額200万円~300万円は、海外FXの方が10万円近く安くなる計算となります。

 

利益額いくらまでなら海外FXの方が安い?

結論から言うと、約427万円です。

税率だけで比べると、330万円以下であれば、国内、海外ともに税率は20.315%ですが、控除額を考慮して計算していくと、約427万円あたりが境目となります。

利益額 国内FXの税金額 海外FXの税金額
100万円 203,150円 153,150円
200万円 406,300円 308,800円
300万円 609,450円 511,950円
400万円 812,600円 785,100円
426万円 865,419円 863,919円
427万円 867,450円 866,950円
428万円 869,482円 869,982円
500万円 1,015,750円 1,088,250円

 

約427万円あたりが境目になっています。

 

400万円以上の利益を出せるのか?

海外FXの税金は高くないです。

なぜなら、年間、400万円以上の利益を出せる人がいないからです。

例えば、1,000万円の資金を運用したとして、年利40%で利益額400万円です。

 

まず、運用資金1,000万円を準備できる人がどのくらいいますか?

1,000万円は、かなりの大金です。

1,000万円貯金があるからといって、1,000万円全部をFX投資に突っ込むのは危険です。

無くなってもいいくらいの気持ちでやるならば、貯金額は、数千万円ないと難しいですね。

 

そして、年利40%も相当ハードルが高いです。

通常の投資であれば、年利数パーセント増えれば、上出来と言われています。

 

じゃあ、運用資金をもっと増やせるのかといわれると増やせない、逆にもっと少ない資金でやってる方の方が多いと思います。

運用資金200万円で、年間で3倍にしてやっと利益額400万円です。

 

このように考えると、年間400万円の利益を出すのは、かなり難しい計算になります。

FXをやっている多くの方にとって、海外FXの方が国内FXより税金が高いというのは、当てはまらないことが分かります。

 

他の理由で海外FXをやらないというのは全然アリですが、税金が高いから海外FXは、やらないという考えは捨てた方がいいです。

 

海外FXと国内FXを兼用した場合の税金について

結論から言うと、損益を合算できません。

なぜなら、「申告分離課税」と「総合課税」と税制が違うからです。

 

具体的な例を出してお話をします。

国内FXの利益額100万円、海外FXの利益額-50万円の場合、100万円-50万円=利益額50万円とはなりません。

国内FXの利益額100万円、海外FXの利益額-50万円の場合、どうなるかというと、

国内FXの税金は、100万円×税率20.315%=20万3,150円、

海外FXの税金は、0円となります。

 

他のパターン

国内FXの利益額100万円、海外FXの利益額100万円の場合、どうなるかというと、

国内FXの税金は、100万円×税率20.315%=20万3,150円

海外FXの税金は、100万円×住民税+復興特別所得税(10.315%)=10万3,150円、

100万円×所得税(5%)=5万円、

10万3,150円+5万円=15万3,150円

 

国内FXと海外FXの税額を合わせると、

20万3,150円+15万3,150円=35万6,300円となります。

 

国内FXの利益額-50万円、海外FXの利益額100万円の場合、どうなるかというと、

国内FXの税金は、0円

海外FXの税金は、100万円×住民税+復興特別所得税(10.315%)=10万3,150円、

100万円×所得税(5%)=5万円、

10万3,150円+5万円=15万3,150円となります。

 

このことから、利益額が約400万円以内の予測なら、税金が安くなる可能性があるので、国内か海外か、どちらか1つに口座を絞った方が良いでしょう。

 

まとめ:ぶっちゃけ税金のことより利益を出す方を優先すべき

FX初心者やまだ始めたばかりの方は、税金のことを考えるよりも、どうやって利益を出すのかを考える方を優先すべきです。

なぜなら、記事内で解説しましたが、年間の利益額が約400万円以内なら、国内外の業者によって、税額が変わることはありません。

むしろ、海外業者の方が安いくらいです。

 

「レバレッジの高さ」、「ゼロカットシステム」、「未入金ボーナス」がある海外FX会社の方が利益を出しやすいと私は思います。

海外FX会社ボーナス比較
【最新版】おすすめの海外FX比較ランキング【利用価値があるボーナス】

続きを見る

-海外FX
-,

Copyright© 海外FXのススメ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.