海外FX

海外FX業者を出金手数料で比べて選ぶな【実質】手数料の計算方法

悩んでいる人
「海外FX業者を探しているけど、国内FX業者と比べて出金手数料が高い気がする。出金手数料が安い海外FX業者を知りたいです。」

 

実際に海外FX業者を利用している体験を基に、こういった疑問にお答えします。

 

この記事を書いている私は、実際に海外FX業者の口座を10社以上開設してトレードをしています。

2018年6月~11月の半年で資産を400万円から約800万円の2倍にしました。

 

国内FX業者と比べて、海外FX業者の出金方法は多くて、出金手数料もバラバラなので分かりにくいです。

この記事では、出金手数料の正しい知識を身につけることができるので、最後までご覧ください。

 

海外FX業者を出金手数料で選ぶな

海外FX業者を出金手数料で比べて選ぶのはダメです。

なぜなら、海外FX業者を利用するメリットは、「レバレッジ」、「ゼロカットシステム」、「ボーナス」だからです。

このメリットは、出金手数料のデメリットを大きく上回るものだからです。

 

具体的なお話をすると、

「レバレッジ」が高いと、少額の資金を効率よく運用ができて、大きな利益を得る可能性があります。

「ゼロカットシステム」があれば、借金を背負う可能性がありません。

「ボーナス」があれば、資金0円からでも取引可能、場合によっては入金額の倍の証拠金を利用して取引を有利に進めることができます。

 

海外FX業者を選ぶ基準には、この3つのポイントを重視するべきです。

 

よくある質問①:海外FX業者は出金手数料が高いから少しでも安い会社にしたい

「とはいっても、出金手数料が高くて利益が減るのは嫌だ」

そういった意見があると思いますが、まず優先すべきポイントは、「レバレッジ」、「ゼロカットシステム」、「ボーナス」でOKです。

なぜなら、この3つのポイントがないと、利益を出すどころか資金を減らしてしまう可能性が高いからです。

 

「レバレッジ」が高いと、同じポジションを取っても、ロスカットラインを広く取ることができます。

このことによって、無駄にロスカットされるのを防いでくれます。

 

・ロスカット=損出確定

・含み損=損出未確定、挽回のチャンスあり

 

関連記事:海外FX業者レバレッジ比較一覧

 

「ゼロカットシステム」があると、最悪0円になったとしても、再チャレンジが容易です。

関連記事:海外FX業者のゼロカットシステムについての詳細

 

借金を背負うと、出金手数料が高い低いの問題どころではありません。

「ボーナスが」があると、未入金で取引ができます。

 

利益が出れば、出金手数料が高かったとしても、元々0円スタートなので100%得だし、損出になったら出金しないので、出金手数料の高さは問題になりません。

 

逆に、出金手数料を1番に考えて、ボーナスのない海外FX業者を選んだら、資金0円でノーリスクの取引のチャンスを逃してしまいます。

関連記事:海外FX業者ボーナス比較記事

 

よくある質問②:海外FX業者の出金手数料は気にしなくていい?

ここまで読んで、「海外FX業者の出金手数料は気にしなくていい?」と思う方もいるかもです。

3つのポイントを押さえたうえで、出金手数料を比べるのはOKです。

なぜなら、出金手数料はコストの中で占める割合が多いので、できるだけ安い方がいいからです。

 

出金手数料は、会社ごとに違いがあり、出金方法によっても違いがあります。

通常、高くて5,000円、安いと手数料0円もあります。

1回出金をするだけで5,000円も違うのは、めちゃくちゃデカいです。

 

大事な資金を守るためにも、出金手数料が安い会社、出金方法を知っておくことは大切です。

海外FX業者を出金手数料を比べて選ぶのはダメです。

「レバレッジ」、「ゼロカットシステム」、「ボーナス」の3つのポイントを押さえたうえで、出金手数料を比べて選ぶのはOKです。

 

海外FX業者の出金手数料比較 「実質」手数料の計算方法

海外FX業者の出金手数料を比較するには、「実質」手数料を計算する必要があります。

なぜなら、あまり表に出ない「隠れた」手数料がかかる場合があるからです。

 

少し分かりづらいかもしれないので、丁寧に解説していきます。

出金手数料について、ほとんどの会社はHPに掲載して公式に発表しています。

 

LAND-FXのHPに掲載されている出金手数料

海外FX業者出金手数料

 

しかし、私たちユーザーが支払う手数料は、公式に発表されている出金手数料だけではないのです。

 

出金の流れ

①ユーザー(出金依頼)→②海外FX業者(出金手続き)→③金融機関(出金手続き)→④ユーザー(着金)

 

このような出金の流れになっています。

海外FX業者が公式に発表している出金手数料は、②の部分のみです。

 

③の金融機関にかかる手数料は別途必要になります。

海外FX業者の「実質」出金手数料 = 海外FX業者にかかる手数料 + 金融機関にかかる手数料

 

実際には、金融機関にかかる手数料があると、海外FX業者のHPにも小さく掲載されていますが、初心者や慣れてない方は、見落としたり理解できないことが多いです。

なので、海外FX業者の出金手数料を比べるには、「実質」出金手数料を計算する必要があります。

 

金融機関にかかる手数料

「金融機関にかかる手数料がいくらか分からない」

こういった疑問があると思いますが、大体の金額は分かるので、それを知っておけば大丈夫です。

 

金融機関にかかる手数料は、どの海外FX業者でも同じくらいなので、金融機関ごとの手数料を知っていればいいからです。

ほぼ銀行送金のみの国内FX業者と比べて、海外FX業者の出金方法は多彩です。

 

海外FX業者の主な出金方法

  • クレジットカード
  • 海外銀行送金
  • オンラインウォレット(bitwallet、STIC PAYなど)
  • 仮想通貨(ビットコインなど)

 

海外FX業者の「実質」出金手数料 クレジットカード

クレジットカードの「実質」出金手数料は、無料の場合が多いです。

クレジットカードは入金した金額までをクレジットカードに出金ができます。

ショッピング扱いになるため、返金処理という形になるため、手数料がかかりません。

 

そして、海外FX業者にかかる出金手数料が無料のところが多いです。

クレジットカードの「実質」出金手数料

海外FX業者にかかる出金手数料(無料) + クレジットカード会社にかかる手数料(無料) = クレジットカードの「実質」出金手数料は、0円 の会社が多い

 

海外FX業者の「実質」出金手数料 銀行送金

銀行口座への出金は、海外FX業者にかかる出金手数料は、出金額の制限付きで、無料の場合が多いです。

銀行にかかる手数料は、中継銀行手数料、着金手数料で4,000円前後かかる場合があります。

 

この手数料は、利用する銀行によって変わります。

海外銀行送金の「実質」出金手数料

海外FX業者にかかる出金手数料(無料) + 海外銀行にかかる手数料(4,000円前後) = 海外銀行送金の「実質」出金手数料は、4,000円前後 の会社が多い

 

海外FX業者の「実質」出金手数料 オンラインウォレット

bitwalletへの出金は、海外FX業者にかかる出金手数料は、無料から100円のところが多いです。

bitwalletにかかる手数料は、824円です。

bitwalletの「実質」出金手数料

海外FX業者にかかる出金手数料(無料から100円) + bitwalletにかかる手数料(824円) = bitwalletの「実質」出金手数料は、824円~924円 の会社が多い

 

STICPAYへの出金は、海外FX業者にかかる出金手数料は、無料から出金額の2.5%+0.3ドルのところが多いです。

STICPAYにかかる手数料は、出金額の1.5%+800円です。

STICPAYの「実質」出金手数料

海外FX業者にかかる出金手数料(無料から出金額の2.5%+0.3ドル) + 海外銀行にかかる手数料(出金額の1.5%+800円) = STICPAYの「実質」出金手数料は、出金額の1.5%+800円から出金額の4%+830円 の会社が多い

 

海外FX業者の「実質」出金手数料 仮想通貨

仮想通貨への出金は、海外FX業者にかかる出金手数料は、無料の場合が多いです。

その他、変動制の手数料がかかります。

仮想通貨の「実質」出金手数料

海外FX業者にかかる出金手数料(無料) + その他、変動制の手数料 = 仮想通貨の「実質」出金手数料は、変動制の手数料がかかる

 

海外FX業者出金手数料一覧

海外FX業者 クレジットカード 海外銀行送金 bitwallet STICPAY ビットコイン
GemForex 無料 無料 無料
XM 無料 無料 無料 無料
LAND-FX 無料 約45ドル 出金額の2.5%+0.3ドル
iFOREX 無料 無料※1 100円
is6com 無料※2 無料※2
HotForex 無料 無料
TTCM/ Traderstrust 無料 無料 無料※3 無料
FBS 1ユーロ 1ユーロ 出金額の2.5% + 0.3ドル
JustForex 出金額の2.4%+2.5ドル 100円 出金額の2.5%+32円 無料
BigBoss 無料 2,000円(国内銀行) 2,000円
海外FX業者 クレジットカード 海外銀行送金 bitwallet STICPAY ビットコイン

※1 月3回まで10万円以上の出金の場合は手数料無料、10万円未満は手数料2,000円がかかります。

※2 月2回目以降の出金は、1回につき出金額の2%(最低4,500円)の出金手数料ががかります。

※3 TTCM/ Traderstrustは、bitwalletにかかる手数料も無料です。

 

・クレジットカードにかかる手数料は、なし。

・海外銀行送金にかかる手数料は、中継銀行手数料、着金手数料がかかる場合があります

・bitwalletにかかる手数料は、824円

・STICPAYにかかる手数料は、出金額の1.5%+800円

・ビットコインにかかる手数料は、送金手数料等、変動制の手数料がかかります

 

海外FX業者でおすすめの出金方法は、bitwallet

海外FX業者でおすすめの出金方法は、bitwalletです。

クレジットカードは、クレジットカードで入金した金額までしか出金ができません。利益分は、bitwalletなど、その他の出金方法で出金する必要があります。

bitwalletは、824円で出金できる場合が多く、その他の出金方法より安いのでおすすめです。

 

最初にアカウントを作成しておけば、入出金可能になるので、海外FX業者を利用するのであれば、口座を開設しておくことをおすすめします。

口座開設は無料で簡単にできます。

関連記事:bitwalletの口座開設方法の詳細記事です

 

会社別に出金方法が違うので、出金につまずくかもしれないので、3社ほど、出金方法についての記事を貼っておくので参考にしてください。

 

関連記事:GemForexの出金方法について

関連記事:XMの出金方法について

関連記事:LAND-FXの出金方法について

 

海外FX会社ボーナス比較
【最新版】おすすめの海外FX比較ランキング【利用価値があるボーナス】

続きを見る

-海外FX
-,

Copyright© 海外FXのススメ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.